妊娠するとホルモンバランスが乱れ、妊娠性歯肉炎・歯周炎になることがあります。これを放置した場合、歯周病菌による流産や早産の原因にも。また、唾液のpHの変化等から虫歯のリスクも高まります。ケアせずいると産後さらに進化し、本来は無菌で生まれてくる赤ちゃんにも、歯周病菌や虫歯の原因菌を感染させるリスクが高くなります。妊産婦の口腔管理は安全な出産にとっても、その後の母子の健康にとっても大変重要です。しかし現状では、歯科医院での妊産婦治療は敬遠されがちです。妊産婦の口腔管理に対する意識がまだ十分とは言えません。エンジェルベルクリニックではマタニティ歯科として、妊産婦の口腔管理の重要性を指導し、妊娠段階に応じて適切に治療を行うことにより、安全なお産をめざすとともに、母子のQOL(クオリティオブライフ)向上に努めてまいります。

ウィンドウを閉じる